診療時間

かかとの痛み

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩くと足がむくむ。
  • ふくらはぎがダルい。
  • 足をつくとかかとが痛い。
  • 足の裏にときおりビリっとした電気が走るような痛みがでる。
  • たまに足がつる。
  • 外反母趾である。
  • 靴下やズボンをはくときにふらつく。
  • 朝と夕方で靴のキツさが変わる。

これらの症状でお困りの方!もしかしたら、それは「関節の歪み」が原因にのかかと周囲の痛みかもしれません。

箕面市桜井にあるまえいけ整骨院は学校が多い地域にあるため、学生やママさんたちから、かかと周囲の症状に相談を受けることも多いです。箕面市だけでなく、豊中市や池田市からもお越しになられます。

かかとの痛みの原因|箕面市のまえいけ整骨院

なぜかかとや足が痛くなるのか?というと、足のつき方が問題になることが多いです。

足は体のなかで唯一地面と接していて体重を支えてくれています。まっすぐに体を支えられていれば負担は少ないですが、もし斜めに傾いて支えてしまっていたら…。

また、かかとには、腓腹筋やヒラメ筋など、体重を支える筋肉だけでなく足首の向きを微調整する足のインナーマッスルも付着します。

まえいけ整骨院にお越しの方では、昔に捻挫をしてしまったことがキッカケで歪みがでてしまい、足首をまっすぐに正しく使うことができなくなってしまい負担が大きくなる方が多いです。

ただ、足首やかかとがまっすぐなのか歪んでいるのかを自分でチェックすることは大変に難しく、専門の先生に評価してもらってやっと発覚する例が大半です。

普段から足の筋肉に負担がかかっていると、その筋群は常に力が入っている状態になるので、血流が著しく低下し、老廃物がたまってしまいダルさやむくみの症状が出てしまいます。

まえいけ整骨院は箕面市の桜井駅のすぐ近くにあるため、部活帰りに通院してくれる学生も多いです。彼らのように足に疲労をためすぎて痛みを訴える場合もこれに当てはまります。

さらにもう一箇所チェックしなければいけないのが、骨盤になります。足部から膝を越えて股関節までの三つの関節が三位一体となって歩いたり走ったりなどの動作ができます。

この時に運動の起点になる股関節部、つまり骨盤が歪んでしまっていると地面に対して足をまっすぐに着けずられずにかかとが地面と衝突してしまい負担がかかる原因となります。

この衝撃は筋肉がクッションとなり緩衝するのですが、ママ世代パパ世代で昔ほど運動ができていない方だと、関節に負担をかけてしまい、かかとが痛くなったり、膝や股関節が痛くなったり、体重を支える関節の腰が痛くなったりと、いろいろな症状を引き起こす原因になります。下り坂を走る時は平地の時の5倍の衝撃が体加わるため、箕面市や豊中市など坂道の多い北摂エリアの方には心当たりのある症状かもしれません。

また、足の裏に付いている足底筋膜という筋群に負担が加わることでかかとから足の裏にかけての痛みが起こることもあります。これは足にある28個の小さな骨たちが作る関節に歪みが出てしまい起こる偏平足が原因になり、足の裏の痛み以外にも外反母趾の原因にもなります。

かかとの痛み|施術方法|まえいけ整骨院

箕面市桜井にあるまえいけ整骨院では、国家資格をもった施術者がまずあなたの症状の原因を明確にします。そして、その原因にあった施術を行い、同じ痛みを繰り返さなくて済むように骨盤矯正やインナーマッスルトレーニングで正しい姿勢や使い方をとれるための施術を行っています。

普段気づいていなかった間違った使い方を改善していき、いつまでも痛みに悩まなくて済む体づくりを提案しています。

箕面の方に20年間愛されているまえいけ整骨院でかかと周囲の痛みを一緒に改善していきましょう!

お問い合わせ

  • まえいけ整骨院
  • LINE

診療時間

住所
大阪府箕面市桜井2丁目4-5 サンティエ桜井104
アクセス
阪急箕面線桜井駅から徒歩3分