診療時間

椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • おしりや太もも、ふくらはぎや足先にかけてしびれを感じる
  • 前かがみになると腰が痛む
  • 下半身の筋力低下を感じる
  • 最近歩きにくくなった
  • 尿が出にくく、便秘がちだ
  • 片方の首や肩、腕にしびれや強い痛みがある
  • 最近お箸が使いづらくなったり、ボタンをかけにくくなったりする
  • 足がもつれやすい

これらの症状でお困りの方!もしかしたら、それは『椎間板ヘルニア』が原因で起こっている症状かもしれません。

椎間板ヘルニアとはどういった症状を指すのでしょうか?|箕面市のまえいけ整骨院

身体には中心をとおる背骨(脊椎)に24個の椎骨があり、それぞれ頸椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)に分かれ、積み重なるように構成されています。その椎骨の間には、それぞれクッションの役割を果たす椎間板という円盤の形をした軟骨があります。

その軟骨が、何らかの原因ではみ出した状態になることを椎間板ヘルニアと呼び、まわりの神経や血管を圧迫して痛みやしびれを引き起こします。余談ですが、ヘルニアとは臓器などが本来あるべき位置から離れてしまった状態を指します。ヘルニアが発生する部位により、頸椎ヘルニア、胸椎ヘルニア、腰椎ヘルニアに分類されます。腰椎ヘルニア、頸椎ヘルニアの順に多い症状となっています。

ヘルニアは放っておくとこわい症状です。ただの腰痛だと思って放っておくと、痛みがどんどん増してきます。重症化すると痛みで寝たきりに…。そこまで行くと手術しかない!となってしまいます。何事も早期発見、早期施術が早期回復への近道です。

まえいけ整骨院には「整形外科にいってブロック注射をしたけど、ずっとそれを続けないといけない」「このままだと手術になる」という方からのご相談もあります。症状や原因にもよりますが、ブロック注射をしなくても大丈夫になった方、手術をする予定だったが症状が改善され手術をすることなく生活されている方がおおくいらっしゃいます。諦める前にぜひ一度箕面市桜井にあるまえいけ整骨院にご相談ください。

椎間板ヘルニアは何が原因なのでしょうか?|箕面市のまえいけ整骨院

加齢によりクッションの役割を果たしている椎間板がすり減ってしまったり、老化によって体内の水分が少なくなり椎間板がかたくなったりすることが原因の1つです。よって、若い人よりも50代ぐらいから症状がでる人が多いです。

しかし、加齢が原因であれば全員がヘルニアになるはずです。ヘルニアになる人、そうでない人の違いは何でしょう?例えば、激しいスポーツをしていて椎間板が他の人よりもすり減っている人、重たい荷物をよく持ち負荷がかかっている人、頸椎(首)のヘルニアの人は交通事故での強い衝撃を受けた人などがなりやすいです。

また、姿勢が悪い方、身体のバランスが悪い方も背骨のS字カーブが崩れて通常よりも負荷がかかります。正常な位置に骨がないと、椎間板に負荷がかかりよりすり減ってしまう箇所がでてきます。結果、ヘルニアになってしますのです。

椎間板ヘルニアの施術法|箕面市のまえいけ整骨院

箕面市桜井にあるまえいけ整骨院箕面桜井院では、痛み・炎症をすばやく取り除きます。

また再発しないためにも痛みやお悩みの原因を明確にして、骨盤矯正や猫背矯正、インナーマッスルトレーニングで正しい姿勢や正しい動きを取れるように施術・指導いたします。正しい位置に骨格を戻し、その位置で骨格を保つためにインナーマッスルを使えるようにします。そうすることで、椎間板への負荷を減らし、再発予防へと繋がります。

また、まえいけ整骨院箕面桜井院では、日常の生活動作についての改善ポイントのアドバイスも行っております。無意識にやっている『クセ』に問題があることも考えられますので、細かくヒアリングをしながら施術をさせていただきます。ヘルニアからくる症状をまえいけ整骨院箕面桜井院と一緒に改善していきましょう!

お問い合わせ

  • まえいけ整骨院
  • LINE

診療時間

住所
大阪府箕面市桜井2丁目4-5 サンティエ桜井104
アクセス
阪急箕面線桜井駅から徒歩3分